設置条件によって違うエアコン取り付け費用

エアコン取り付けは本体を設置するだけではありません。

エアコン取り付け関連の情報をたくさん掲載しています。

室内機の取り付け、配管類のセット、室外機の取り付け、真空引き施工の4つの工程が必要です。



特に真空引き施工は冷暖房を効率よくするためにもしっかり行う必要があります。

DIYでできないわけではありませんが、故障を防ぐためにも専門の業者に依頼するほうが安心です。

エアコン取り付け工事は設置条件によって各工程において必要となるものや作業が異なるために費用も異なります。

例えば室内機を設置する際に近くにコンセントがない場合やエアコン専用コンセントと電源プラグの形状が異なる場合は新たにコンセントの増設が必要です。
室内機から室外機までの距離が離れている場合は別途配管パイプの費用が必要になるでしょう。また、室外機の設置がベランダ置きや大地置きではなく、屋根に設置したり壁に吊るして設置する場合は追加費用がかかるでしょう。
エアコン取り付け工事を業者に依頼するときには、表面的な費用で業者を選んではいけません。



どこまでが標準料金で何をするとオプション料金がかかるのかを確認することが大切です。
また、業者によってはできるオプション工事とできないオプション工事があるので、必ず工事できる範囲を確認するようにしましょう。
また、中古エアコンを取り付ける場合と新品エアコンを取り付ける場合とでは費用が異なる場合があります。

エアコン取り付け工事を業者に依頼する時は設置条件をきちんと説明して見積もりをとることが大切です。